弁護士 Giude
トップページご利用案内広告掲載会社概要リンク
リンク


限定承認

相続がプラスになるのか、マイナスになるのか、曖昧なラインになる時に
有効な手続きが、この限定承認です。

相続でプラスに働いた財産の範囲内で、借金を返済するという条件で、相続を承認することで、借金だけしか残らない場合でも、不足分を支払わずに済みます。
また借金を返済し、財産の方が多ければ、差し引いた財産については取得することも可能になります。

相続することを知った時より3ヶ月以内に
家庭裁判所で「限定承認申述書」を提出し
認められば、限定承認となります。

一見、メリットの多い相続方法のように見えますが、もし法定相続人が複数いる場合は、その全員が手続きしなければならないことや、そのことで手間や時間がかかることがあるので、注意をしましょう。
















弁護士 Giude

債務整理
任意整理
特定調停
個人民事再生
自己破産
自己破産のメリット・デメリット

過払い
グレーゾーン金利
過払いの時効

離婚
協議離婚
調停離婚
審判離婚
裁判離婚
承諾離婚
和解離婚

遺産相続
▼遺産相続方法
単純承認
相続承認
限定承認
法定相続人
▼遺産分割方法
現金分割
代償分割
換価分割
遺言書
遺言の効力
遺留分
遺言の取消し
公正証書遺言書
自筆証書遺言
秘密証書遺言
特別遺言書