弁護士 Giude
トップページご利用案内広告掲載会社概要リンク
リンク


法廷相続人とは

相続できる人、法定相続人であって、亡くなった方と親族関係にあるからといって、必ず相続できるものではありません。

また相続人には必ず優先順位があり、そのケースによって様々です。
以下にそのケースをまとめてみました。

@被相続者に配偶者と子供がいる場合
相続対象者:配偶者、子供に2分の1ずつ相続

A被相続者に子供はいないが、配偶者と父母がいる場合
相続対象者:配偶者が3分の2、父母が3分の1を相続

B被相続者に子供・父母がいないが、配偶者と兄弟姉妹がいる場合
相続対象者:配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1を相続

C被相続者に子供・父母・兄弟姉妹がいないが、配偶者のみいる場合
相続対象者:配偶者が全てを相続

D被相続者に配偶者がいないが、子・父母・兄弟姉妹がいる場合
相続対象者:子が全てを相続

以上のように相続者を振り分けています。
これを見れば分かるように、子・父母・兄弟姉妹は、同時に相続人にはなれません。誰かが相続放棄を行うと、次の優先順位に回るので、必ず相続人は、事前にその順番をしっかりと確認する必要があります。





弁護士 Giude

債務整理
任意整理
特定調停
個人民事再生
自己破産
自己破産のメリット・デメリット

過払い
グレーゾーン金利
過払いの時効

離婚
協議離婚
調停離婚
審判離婚
裁判離婚
承諾離婚
和解離婚

遺産相続
▼遺産相続方法
単純承認
相続承認
限定承認
法定相続人
▼遺産分割方法
現金分割
代償分割
換価分割
遺言書
遺言の効力
遺留分
遺言の取消し
公正証書遺言書
自筆証書遺言
秘密証書遺言
特別遺言書