弁護士 Giude
トップページご利用案内広告掲載会社概要リンク
リンク


特定調停

簡易裁判所での債権者と債務者の話し合いで、借金を圧縮する方法をさします。
調停委員の指導のもと、各債権者との今後の返済条件について合意を積み重ねていきます。裁判所を利用した任意整理とも言えます。そのため、この特定調停も3年以内に返済できるかどうかが重要なポイントになります。

またよく質問にあるのが、任意整理との違いです。
特定調停は裁判所を利用するので、専門的な知識などがなくても、申し立てを行うことが可能です。また経済的に弁護士を依頼することができない場合などは、この特定調停を行い、債務整理することが可能です。

しかし、この特定調停は、裁判所が間に入るので債務整理案というものを作成し、調停が成立すると、調停調書というものが作成されます。これは法的に効力を持つものなので、もしあなたが3年の間に返済を滞らせると、債権者はこの調停調書に基づき、強制執行手続きができるようになります。
つまり給与や借金返済にあてれる高価なものを差押されることが法的に許されるということです。そのため、特定調停が成立すれば、返済期間は滞りなく、必ず支払い続ければならないので、計画的に進めていかなければなりません。













弁護士 Giude

債務整理
任意整理
特定調停
個人民事再生
自己破産
自己破産のメリット・デメリット

過払い
グレーゾーン金利
過払いの時効

離婚
協議離婚
調停離婚
審判離婚
裁判離婚
承諾離婚
和解離婚

遺産相続
▼遺産相続方法
単純承認
相続承認
限定承認
法定相続人
▼遺産分割方法
現金分割
代償分割
換価分割
遺言書
遺言の効力
遺留分
遺言の取消し
公正証書遺言書
自筆証書遺言
秘密証書遺言
特別遺言書